• アディダス
  • アディダス
  • アディダス
  • アディダス

job search

地域から探す

地図

北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

registration

「最寄りの店舗で募集していなかった」
「今すぐ、というわけではないけど・・・」という方のために
スタッフ登録制度をご活用ください。

スタッフ登録制度とは?

アディダスの店舗で働きたいのに最寄りの店舗で募集していなかった場合でも、夏休みなどの短期間限定で働きたい場合でも、スタッフ登録制度を利用することで予約登録できます。あなたの情報をご登録いただくことで、ご希望条件にマッチする仕事があった場合に、当社よりご案内をさせていただきます。

登録制度

登録のメリット

忙しくて時間がない場合でも最初に登録するだけで、1年間キャリアを慎重に検討させて頂きます。特定の業種に限定することなく登録できますので、今までにないチャレンジの場が見つかる可能性があります。

注意事項

ご登録されたすべての方に選考の機会をお約束するものではありません。現時点ですぐに選考をご希望される方は登録制ではなく、通常募集にエントリーをいただけますようお願い致します。登録情報の有効期限は、ご登録から1年間とさせて頂きます。

staff interview

S.Yさん
 
  • リーボック
  • クラシックストア 原宿店
  • S.Yさん
  • 正社員(20代)
  • チームリーダー
  • 入社5年目
お客様の声を直接伺えるリテールの現場。
やりがいの大きな環境です!
アディダス(adidas)にアルバイトとして採用されたのは2011年9月。アディダス(adidas)をアルバイト先に選んだ理由は、人と人をつなぐ“接客”に対して、どのブランドよりも前向きに感じることができたからです。長い歴史やフィットネスに対する強いブランドメッセージを、私もスタッフの一人として伝承していきたいと感じました。
最初の配属先はアディダス オリジナルス(adidas originals)でした。その後、リーボック クラシックストア 原宿店へ異動し、アルバイトから販売正社員へキャリアアップしました。アディダス(adidas)にはさまざまな部署がありますが、販売の現場はお客様の声を唯一直接伺うことができます。自分の接客が、お客様にとって発見と喜びのきっかけになる魅力があります。
世界各国、アディダス(adidas)のリテールのショップで働くスタッフたちがみな同じ目標に向かってお客様と向き合っていること、スポーツに対して企業もスタッフも大変熱心であることに、アディダス(adidas)がグローバル企業であることを実感できます。私も常に探究心と向上心を持って革新的なアイデアを店舗で生かしたいと思っています。今後は、CS・ES満足度も向上させ、リテールをさらに活気付けたいです。
N.Nさん
 
  • アディダス
  • ブランドコアストア 新宿店
  • N.Nさん
  • 正社員(20代)
  • アシスタントマネージャー
  • 入社4年目
来店されるお客様との出会いは一期一会。
お客様の笑顔がこの仕事の醍醐味です。
2012年4月にブランドコアストア 新宿店のオープニングスタッフとして中途採用され、アディダス オリジナルス(adidas originals)、スポーツパフォーマンス(SportsPerformanc)の両方を経験しました。翌年からはスポーツパフォーマンス(SportsPerformanc)のチームや物の管理に携わり、現在はアシスタントマネージャーとして働いています。
アディダス(adidas)への就職理由は、「to make the world a better place through sport」という企業理念に惹かれたからです。海外在住時に言葉や文化が違っても、一緒にスポーツをすることで打ち解けられた経験からとても共感し感銘を受けました。アディダス(adidas)は、スポーツを通じて社会や世界に貢献できるブランドであり、そこにとても魅力的に感じます。
リテールの仕事には大きく分けて2つの重要な関わりがあります。まず1つ目は、“お客様”です。来店されるお客様との出会いは一期一会であり、日々新しい発見や気づきにあふれています。2つ目は、“スタッフ”との関わりです。アディダス(adidas)ではさまざまなバックグランドや年齢のスタッフと一緒に働く機会があります。個々の考えを持ったスタッフがブランドのため、お客様のため、お店のために、そしてチームとして一つになれるプロセスを肌で感じられることがリテールのやりがいだと思います。
また、様々な国籍のお客様が来店されますので、英語でのコミュニケーションは必須です。お客様だけではなく海外のアディダス(adidas)社員の訪問で通訳をするなど、常に英語に触れている環境なので、さまざまなシーンでグローバル企業であることを感じることができるはずです。私自身もアディダス(adidas)をより世界に広めるために、日本から世界へと発信できる人材になりたいと考えています。
A.Kさん
 
  • アディダス
  • ブランドコアストア 新宿店
  • A.Kさん
  • 正社員(20代)
  • チームリーダー
  • 入社1年目
アディダス(adidas)への強い憧れが、
アンバサダーへの転身を後押ししてくれました。
アディダス(adidas)で働きたいと思ったきっかけは、大学を卒業後、社会人になってからも続けていた競技で大きな大会に出場した時のことです。大会の規定メーカーがアディダス(adidas)で、私はアディダス(adidas)の商品を使用して試合に臨みました。大会に出てスポーツの良さに触れ合えたこと、アディダス(adidas)の商品に支えてもらったことで、私はスポーツの世界に戻りたいと強く思うようになりました。
私にはアディダス(adidas)というブランドへの強い憧れがあります。学生時代に愛用したシューズやウェア、「IMPOSSIBLE IS NOTHING」を始めとした数々のスローガン。私が競技を続ける上で欠かせないものであり、パフォーマンスを高めてくれました。アディダス(adidas)の活動や商品がアスリートにとって支えになり得ることを、身をもって体験しました。そして、アンバサダーとしてアスリートに貢献する道を選ぶことを決心し、アディダス(adidas)の採用情報に応募しました。
先日、アディダス(adidas)協賛の陸前高田応援マラソンにスタッフとして参加しました。ランナーの背中には陸前高田市への応援メッセージが個人で記入されており、沿道から応援された地域の皆様と復興への想いが共有されていました。陸前高田市の復興を願う場を、スポーツを通じて設けられたのはこの会社ならではだと感じました。
アディダス(adidas)では、スタッフそれぞれがブランドに熱い想いを持っています。特にオリジナルのシューズに関しては、深い知識と強いこだわりをもっている方が多いですね。私の目標は、お客様に最高のサービスを提供することです。商品の知識をさらに深め、お客様に喜んでいただけるようなアンバサダーになりたいです。また、2020年開催の東京オリンピックに関わることは私の夢です。アディダス(adidas)の一員として、ぜひ貢献したいです。
O.Tさん
 
  • リーボック
  • フィットハブ 六本木ヒルズ店
  • O.Tさん
  • 正社員(20代)
  • チームリーダー
  • 入社5年目
女性社員のパイオニアの一人として、
後輩の指標となれるように頑張っています!
アディダス(adidas)に入社したきっかけは、キャッチコピーである「IMPOSSIBLE IS NOTHING」に感銘を受けからです。新卒採用向け会社説明会で、採用担当者のアディダス(adidas)にかける情熱やキラキラした表情を見ている内に、「私もこの会社で活躍したい!」と強く感じるようになりました。幸いにも採用となり、大学卒業後はアディダス オリジナルス(adidas originals)新宿店でキャリアをスタートしました。
リテールの基礎をアディダス オリジナルス(adidas originals)新宿店で学び、原宿のFLAGSHIPに異動。2番手としてマネージメントを学び、現在はリーボック フィットハブ 六本木ヒルズ店で店舗責任者として勤務しています。ブランドのメインターゲットが女性のため、女性視点での意見が反映されやすいのが大きな魅力です。1つ残念なことに、全体的に女性の正社員がまだまだ少ないです。今後は、私がそのパイオニアの一人として道を切り拓き、ひとつの指標となれるように頑張ります!
アディダス(adidas)には立場や状況に合った研修が行われ、アルバイトの方でも上手に活用すればステップアップにつながります。SKY TALKで興味がある部署についていろいろ聞くこともできます。アディダス(adidas)では、パフォーマンスに対してタイムリーに評価をしていただけるため、実績を出せばプロモーションのチャンスがあります。
今後の目標は、リーボック(Reebok)ブランド発信の第一線としてブランドファンを増やすことです。そして、組織運営を習得し、ストアマネージャーとしての実績を残すことも大事な目標です。これからアディダス(adidas)でアルバイトや正社員として働きたいと思っている方(とくに女性の方)は、アディダス(adidas)の採用情報を見逃さないようにしてくださいね!
T.Nさん
 
  • アディダスジャパン株式会社
  • 本社勤務
  • T.Nさん
  • 正社員(40代)
  • リテール ストア
  • オペレーションズ マネージャー
  • 入社14年目
スキルとチャンスが手に入れられる場所。
リテールで働く重要性を知って欲しい。
アディダス(adidas)にアルバイト採用されたのは、2002年に都内初の直営店としてオープンした銀座店でした。アディダス(adidas)をアルバイト先に選んだのは、「Our passion for sport makes the world a better place」というブランドVisionに共感したからです。「スポーツへの情熱を通じて世界をより良い場所にする」という、アディダス(adidas)の考えがとってもしっくりきました。
リテール(店舗販売)の魅力は、お客様や店舗スタッフと直接コミュニケーションが取れることです。私も銀座の新店でキャリアをスタートしましたが、新店立ち上げや新しいプロジェクトなど、リテールにはいろいろな場所、場面でチャンスが訪れます。
私の目標は、アディダスジャパン本社で勤務するスタッフ(アルバイト、正社員など)の半数をリテール経験者に引き上げることです。アディダス(adidas)の店舗運営は決して一人の力で行えるものではありません。アディダス(adidas)のアルバイト採用情報に興味を持った方にもコミュニケーションスキルやマネージメントスキルの重要性を認識して欲しいですね。そうした意識を持ってアルバイトができれば、正社員登用へのチャンスもあります。

career ladder

アディダス独自のキャリアアップ制度

キャリアアップ制度

アディダスグループリテールユニバーシティは、自身の育成に最も役立つリソースの一つです。リテールユニバーシティは各コンピテンシーエリアで、自身の習熟度を高める手助けをします。上記のイラストが示すように、リテールフィールドキャリアラダーの各段階において、必要なサポートを提供する異なるプログラムが用意されています。

recruiting movie

  • Check